Category
行政書士について
Category

経験豊富な腕のある行政書士がサポートします

家族信託の制度を活用するためには契約書を作成する方法がございます。契約書は必ずしも公正証書として作成すべきとは定められていません。しかし、後々家族信託を巡ったトラブルが発生することも多いため公正証書を使用した家族信託制度の活用をご提案します。

ご自身や家族のライフスタイルに基づく財産の管理方法を考慮し資産の有効な活用方法を考えて、様々な視点から見て最適な家族信託の内容を取り決めることが重要です。

自分の老後や介護が必要になった際に備えて、所有している不動産や預貯金などの財産を信頼できる家族に託し、資産の管理または処分を任せられるようにする家族とご自身の安心のために行う財産管理のことを家族信託と言います。多くの人が向き合う可能性のある認知症への対策などにも使える制度で、比較的新しく定められた制度です。家族信託は認知症だけに限られたものではなく、資産の相続が発生した場合などにも遺言書よりも幅広く活用できる遺産の承継方法です。

遺言書を使用して財産の管理についてを言い残す場合、民法で定められている遺言書のフォーマットに基づいた作成方法で遺言書を作成する必要があります。しかし、家族信託であれば財産管理などを任せる委託者ご本人様と信頼できる家族である受託者の間で交わされる契約ですので、遺言書のように形式面や手続き面においても厳しい規定に制限されることなく、遺言書に代わる効力を持たせた財産管理の継承ができます。

RELATED

関連記事